出版物紹介

福音の勝利―聖書的終末論への導入

ラルフ・A・スミス著  福音総合研究所出版部訳
1998年刊 定価 1,100円 (税・送料別)

“この小冊子の目的は、終末論論争に対する新鮮な洞察と新たな視点を日本の読者に紹介することにある。・・・英語で入手できる文献はすでにかなりの量に達して おり、なおも増え続ける勢いだが、日本の牧師や学者にとっても注目に値するものと信じている。この翻訳版が読者の益となり、この日本の地に立つキリストの 教会が前進するよう願って止まない。”
―――本書・序“日本の読者へ”より、著者

終 末論は、その立場をとる者の歴史観、世界観は勿論のこと、個人の生き方、生活スタイル、及びクリスチャンホーム、次世代教育の在り方、そして地域教会の使 命と戦略をも決定してしまう。それは、人類史の過程およびその最終意義、また個人史の最終目標が何であるかを定義してしまうからだ。

終末論を巡る論争は机上の神学空論ではありえず、それぞれの神学体系の本質と実践とが問われる。したがって、聖書的終末論が確立されるまで、論争は半ば避けられないであろう。その重要性は強調してもしすぎるということはないのである。

本 書は四章から成る。第一章は聖書的・神学的問題として終末論を取り扱い、その問題を定義した上で、聖書からの解答を示す。第二章は預言の解釈にふれ、「比 喩的解釈 vs. 文字通りの解釈」を誤りのパラダイムとし、「創造に由来する象徴」を正しいパラダイムとして議論を進める。第三章は、前説、無説、後説の三つの異なる立場 から、それぞれの歴史哲学を比較検証し、聖書的展望を打ち出している。最終章は、御国が神の契約によることを力説し、契約の概要とその重要性、そして終末 論における位置づけを提示している。

当研究所翻訳出版部による和訳版には、原書の付録 “Covenants and Dispensations” および “A Test Case: Revelation 19:11-16” の2章が省略されているが、第四章の一部「契約の本質」と、「聖書索引」が追加されている。全159の注は、終末論をさらに詳しく研究したい読者にとっては大変役に立つ参考文献 (英語) を提供している。

原書The Covenantal Kingdom: A Brief Summary of the Biblical Argument for Postmillennialism (1996, 122pp., $9.00) は米国最大のホームスクール機関 Christian Liberty Academy Satellite Schools の教材として、また基督教通信大学 Whitefield College の正式カリキュラムにも組み込まれている。

米国キリスト教書店 GREAT CHRISTIAN BOOKS / Chris Tindall氏の書評より(英文)

THE COVENANTAL KINGDOM: A Brief Summary of the Biblical Argument for Postmillennialism
“Eschatology is central to the entire Christian worldview. The debate over the millennium cannot be limited to a particular thousand-year period of history. Neither is it merely an argument over when Christ will return nor a dispute over the interpretation of Revelation and a few other Scriptures.”

So begins Ralph Smith in chapter 4 of this Biblically engaging study of the Scriptural argument for Postmillennialism. What an interesting Bible study this work would provide for a high schooler or adult. To study eschatology not as a mere abstract subject or pass-time elective. Rather, to see how one’s view of eschatology influences their view of history as well as their everyday life. “What are we living for? What kinds of goals ought we as Christians to pursue?”

Chapter one is a very good introduction that defines the millennial positions of pre-, a-, and post. Within this chapter he shows forth the “Victory of the Gospel.” By the fourth page you are studying your Bible. What a blessing to be a Berean Christian. Chapter two is a very important discussion concerning the question of interpretation. Ralph Smith shows that the “supposed difference (figurative vs. literal) in hermeneutical approaches is a matter of language rather than principles. Chapter three “deals with the broader Biblical issue of the great conflict of history.” “All Christians believe that God wins this conflict at the Day of Judgment. But who wins within history?” And so we come full circle to chapter four.

Appendix one is must reading for all: “Covenants and Dispensations.” Appendix three has reference addresses for further study, very handy.

P.S.: the footnotes are gems.